カナディアンロッキー、ヨーホーの見どころは落差300mの滝とエメラルドの湖

ヨーホー国立公園はバンフの街から車で1時間ほど離れた場所にあり、バンフの街のあるバンフ国立公園の隣に位置します。少しマイナーな地区ですが見所はしっかりありますので、日程に余裕のある方は是非訪れることをお勧めします。

山の上から水が落ちてくるタカカウ滝(Takakkaw Falls)

車で山道を登っていくと遠目に見えてくるのですが、その高さには尋常ではなく圧倒されることでしょう。落差は300m以上ある滝です。あのナイアガラの滝の落差が50m程なのでその高さは6倍ほど。東京タワーの上から水が落ちてくる感じです。

水源は山の上にある氷河なので、夏が一番水量が豊富になります。逆に冬はリボン状の水しか流れないそうです。

駐車場から滝を望むトレイルを進んで、滝に近づくことができます。滝の水は地面に届く前に広範囲に拡散しているため凄い水しぶきです。カメラを構えようものなら一瞬でレンズは水滴だらけになります。

カナディアン・ロッキーで1、2を争う迫力のある場所です。

Splash! Takakkaw Falls, Yoho National Park

Takakkaw Falls, Yoho National Park

Takakkaw Falls, Yoho National Park

エメラルド湖(Emerald Lake)

その名の通り湖面が完全なエメラルド色をした湖です。訪れた時は雨がひどかったのでとりあえずロッジで昼食を取っていると奇跡的に太陽が顔をのぞかせてくれました。

湖畔は散歩できるようになっており、駐車場から橋を渡ってロッジ方面へ行ったり、貸しボートのある小屋の方へ歩いて行ったりできます。ボートのある小屋の方が実は写真スポットなのですがいくのを忘れてしまいました。残念。。。

Emerald Lake, Yoho National Park

その他の見所

ナチュラルブリッジ(Natual Bridge)

エメラルド湖に行く途中に立ち寄れる場所。岩が侵食した割れ目から水が流れて天然の橋のようになっているポイント。

スパイラルトンネル(Spiral Tunnel)

UpperとLowerの二箇所の展望台があるのですが、Upperはタカカウ滝に行く途中に立ち寄れます。

電車の線路がトンネルの中でとぐろを巻くように登っているため、長い貨物列車の最後尾がトンネルに入りきる前に先頭車両がそれよりも更に高い場所にある出口から顔を出すという、変わった状態が見られます。

Upperで偶然にも実物が見えたのですが、ちょっと遠すぎで写真はうまく撮れませんでした。

カナディアンロッキーに関連する記事

スポンサーリンク

シェアする