オリンパスの明るい凄レンズ「M.ZUIKO 25mm F1.2 PRO」を触ってみたレビュー

2016年11月下旬にオリンパスから新発売となる3本のレンズの中でも、一番注目されているレンズ。果たしてどれ程のものなのか西新宿にあるショールーム「オリンパス・プラザ東京」で、触ってきました。

その場限り30分程試しただけでのレビューですので、これから評価がかわるかもしれません・・・。

他のレンズのレビューはこちら

展示されているレンズは販売品と同じとのことで、写真撮影OK、データの持ち帰りOK、他社製マイクロフォーサーズカメラにつけてもOK、ブログに写真掲載してもOK、となんでもありの状態でしたので、遠慮なく触らせていただきました。

自分には難しすぎて正しく評価できないレンズ!?

「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」「M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro」に続いて、最後「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO」の紹介です。

35mm換算50mmの単焦点で非常に明るい(F1.2)レンズです。

開放で適当に1mほど離れたモノを撮ってみると、ピントを合わせたところは、しっかりと解像し、そこからすぐにボケていくという、ちょっと今までに使ったことのないレンズ。F1.2というのはそういうものなんでしょう。絞っていくといつも使っているレンズの感じになっていきました。

p1110106

ISO200 f1.2 1/400s 適当にオートフォーカスで

p1110079

ISO500 f5.6 1/60s 前面はしっかり解像し、遠景は自然なボケ

寄ることもできるのでジオラマを撮ってみたものの、やはり開放ではピントが合う箇所以外はスーっとボケていくので、これはなかなか使い方が難しいと感じました。

p1110004

ISO400 f1.2 1/500s 車両正面以外は、前も後ろも綺麗にボケてる

とはいえ、ボケにはトゲトゲしさが一切なく、そこに物体があってそれがそのままぼやけて色だけが残っているという印象を受けました。これが、このレンズの最大の特徴なのかもしれません。

p1110071

ISO500 f4.0 1/60s 絞った方が使い易い

「Panasonic LUMIX DMC-GX8」に取り付けてみた

単焦点レンズなのですが「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」に引けを取らない重量感と大きさ!ドッシリとレンズは高級感溢れています。

「Panasonic LUMIX DMC-GX8」に取り付けてみたところ、大きさへの違和感はないのです。ただ、このレンズはオリンパス・ボディが似合いそうですね。

img_8440

単焦点レンズとは思えないほどの重厚感

まとめ

プラザにて触った3本のレンズで一番多く試写したはずなのに、自分には実力のほどが掴めず、全く正しい評価ができることができないレンズでした。恐らくいろんなシチュエーションで使い込まないと解らないレンズなんだろうなということで、別の機会にもう一度触ってみたいレンズです。

Robin氏のレビューのような写真が撮ってみたい。。。