デスバレー国立公園、行き方と訪れる前に知っておきたいこと

「死の谷」の名にふさわしい気候の厳しい土地です。夏は50度を超える気温と極度の乾燥状態になるので冬場が観光シーズンです。公園内は見渡す限り何にもなくとてつもなく広大な場所で、かつ静寂の土地です。全米の国立公園では最大の面積(約13,158km2)を誇っています。そして海抜下86mという土地もあり「Hottest, Driest, Lowest」な国立公園です。2013年の1月に1泊2日で訪れました。

公園の情報は公式ページで最新情報をチェックして下さい。http://www.nps.gov/deva/

水は十分すぎるほど持ち込んでください。携帯電話は全く役に立ちません。何かしらのトラブルがあっても助けを呼ぶことすら叶いませんので、車の整備、食料・水の準備、気候に対する対策は入念に。

何もないことが魅力な国立公園

このデスバレーの大地に立ったときに感じたのは、物理的に何もないということではなく、人がいる、もっと大袈裟にいうと何かしらの生き物がいる雰囲気、色々な事が起こり時間が流れているという雰囲気、それをあらわす様々な音、、、そういうものさえなんだかすっぽりと抜けてしまっている「すべてが無」の場所だということ。この感覚だけは未だにどの国立公園を訪れても得られていません。

自分一人が世界にポツンといて、自分の存在ってちっぽけだなぁ、ちっぽけだけど確かに生きてるんだよな、という何だかそんなことを認識させられる場所でした。

記事を書くにあたりいろいろデスバレーのことを調べてみましたが、ここを訪れると人生観や世界観が変わる場所と紹介されているのも納得です。

場所、行き方

自家用車、レンタカー、ツアーで行くことができます。車ではロサンゼルスからは4時間、ラスベガスからは3時間ほどでいけます。

ラスベガスから行くときは途中、UFOで有名な「エリア51」を通過します。「AREA51 ALIEN CENTER」という怪しげな建物が道沿いにあります。めちゃくちゃ怪しかったですがコンビニですのでちゃんと買い物できましたし、トイレも借りることができました。

国立公園への入場料は車一台$20で7日間有効です。他の国立公園と違ってゲートがないので道端に立ってるポストでチケットを購入します。

天気(気温、降水量)

夏は灼熱地獄。1913年7月10日に記録した気温56.7℃が地球上で観測された史上最高気温となっています。記事を書いている今日も最高気温46度!天気予報も連日40度超です。恐いものみたさで行ってみたいものの、あまりに凄過ぎて周辺に近づいたことはありません。(気温よりも遮るものが全くない直射日光が怖すぎます。。。)

冬は昼間の気温が20度くらいであり温かいのですが、日陰は寒く、そして夜はマイナス2、3度となり冷え込みます。

年間平均降水量は50mmですので雨はほぼ降らないと思われます。年間降水量ゼロ(1年を通して一度も雨がふらなかった)を記録したこともあります。

宿泊、ホテル

ファーニス・クリーク・リゾート (Furnace Creek Resort)

国立公園内にあるリゾートでゴルフ場もあります。施設は同じ敷地内(砂漠なので境目がわかりません・・・)にあるというよりも点在していますので、訪れるときはご注意を。
ふたつのタイプの宿泊施設を提供しています。The Inn は高めのリゾートホテルです。昼食に利用しました。The Ranchは、お手頃な価格のモーテルタイプの宿です。冬季は$110-130で泊まれます。

キャンプ場

ファーニスクリークにはキャンプ場もあります。一泊$12-18です。予約はこちらを参考にしてください。オンラインでできます。http://www.nps.gov/deva/planyourvisit/camping-reservations.htm

訪れてた時は、ホテル組とキャンプ組で別れましたが、1月のキャンプはとてつもなく寒かったので重装備で。。。

P1140334

デスバレー国立公園に関する記事

スポンサーリンク

シェアする