カナディアン・ロッキーへの旅行、持参して便利だったものと利用したホテルの紹介

2015年8月中旬、盆休みの期間に訪れた経験を元に、持っていって便利だったものを紹介します。合わせて利用したホテルの紹介も。

旅の間、天気は晴れの時もあれば雷雨もあるという不安定な状態でした。期間中の気温差も激しく、最低気温7度、最高気温28度という日中は暑く、朝晩冷える日があるかと思えば、雨で一日中14、5度の小寒い天気だった日もありました。

準備する服装が難しい

カナディアンロッキーの夏の天気は変わりやすいです。雨、晴れの天候の変化に加えて、昼夜の気温差が激しいので、重ね着重視の服装が良いです。

半袖/長袖シャツ、上着(薄手、厚手)、トレッキングパンツ、ジーパンと結構な種類を持って行きました。防寒対策としてはユニクロ「ヒートテック」が活躍しました。

トレッキングパンツは撥水性のある動きやすいものがおすすめです。

雨を凌ぐための雨具は必要

雨が降ると気温も下がりますし、風も強くなります。雨の中でも歩いたりしなければならない状況になった時は、傘や簡易的なカッパでは心許ないです。トレッキングにも耐えられる上着があると安心です。気温差が激しいので防水素材の上着で中綿がないものが一番ベスト。やはり、重ね着重視で。

私は普段から使っている薄手のウインドブレーカーに防水スプレーを施して凌ぎました。妻と子供は新しいウェアを。THE NORTH FACE、Mont-bell、Marmotのトレッキング・ジャケットがお勧めです。

ちゃんと歩ける靴を

履きなれたトレッキングシューズやスポーツシューズで行きましょう。雨が止んだ後歩くと結構濡れますので防水性のものが良いです。防水スプレーでカバーするというのも良い手です。

小さな子供がいる場合は何が便利?

2歳の息子がいましたがアンブレラ型(B型)のベビーカーが非常に役に立ちました!飛行機の搭乗口まで持っていても無料で預かってくれますし、バンフの街中探索や舗装されているトレイルでは威力発揮。軽くてコンパクトなのでレンタカーに放り込んでおいてどこにでも持っていきました。

また、抱っこ紐は背負いができるものの用意を、前抱きは勾配のある距離を歩くのに向いていないです。当初、トレッキング用のベビーキャリーは必要かな?と迷いましたが、簡単なトレイルばかりを選択したので必要はありませんでした。結局、生まれた時からずっと使っているエルゴの抱っこ紐が大活躍

薬は必要?

水があるところには蚊やブヨがいますので虫除けが必要です。常備薬や救急セットは最低限持っていきましょう。また、晴れた時の日差しも強いので日焼け止め、サングラスも必要です。

食料品や日用品は現地で簡単に手に入る?

バンフの街にあるスーパー「Safeway」でかなり揃えることができます。デリもあるので簡単な食事で済ませたい時にも重宝しました。

宿泊したホテルの紹介

フェアモント系列に一泊でもと思ったのですが結局、最後まで予約とれませんでした。さすが8月中旬の超ハイシーズン、宿泊施設もかなり高額でした。

Douglas Fir Resort & Chalets

バンフの街から少し離れたところにあるホテル。3泊宿泊しました。

古いホテルですがロッジ風の部屋は、意外と手入れが行き届いていました(日本のホテルレベルを期待してはダメですが・・・)。電熱線の調理台、電子レンジ、食洗機、冷蔵庫、ガスオーブン、食器一式があるので食事を普通に作ることさえできます。リビングには暖炉がありくつろげます。

凄かったのは室内ウォータースライダー付き温水プール。2歳の息子は、まさかのカナダでウォータースライダーを初体験することとなりました。また、山を見ながら入ることのできる屋外ジャグジーも併設されています。宿泊者以外も利用できますがちょっと高額です。

お酒も売っているコンビニみたいなリカーショップ、コインランドリー、巨大な室内プレイルームが完備されています。家族向け、長期滞在には適しています。

難点は無料WiFiがあるものの部屋では遅くて使い物にならないこと。お風呂のお湯がしばらく出しているとぬるくなってしまうこと(タンクが大きくないのでしょうね)。

「Standard Apartment, 1 Bedroom」1泊1部屋 $230 でした。

ウェブサイト:http://www.douglasfir.com/

Fox Hotel & Suites

バンフの街中にある新しいホテル。2泊しました。

流石に新しいだけあって設備は綺麗でお湯も十分にでました。日本のホテル基準で考えても良いと言えます。冷蔵庫、簡易キッチン、電子レンジと食器があり、こちらもちょっとした食事がつくれるようになっていました。

部屋に用意されていた石鹸は「Rocky Mountain Soap」のもので良かったので、早速街中にあるお店で購入しました。また、子供用ベッドをお願いしたところちゃんと準備しておいてもらえました。

共用設備として、洞窟風呂(水着着用)がありました。硫黄の匂いがするので温泉?かもしれませんが、奥さん曰く、消毒がキツくいまひとつでした。

ホテル内にはレストラン「Chili’s Grill & Bar」があるので食事もできます(To Goにすると部屋まで届けてくれました)。朝食は、宿泊時にバウチャーを渡されるので、こちらでとることになります(食べ物の種類は豊富ではないので期待しないほうが良いです・・・)。

難点は、値段の割に部屋が狭いこと。街中ではあるものの中心街までは徒歩10-15分かかる距離なので結局車を使わざるを得ないこと。人気ホテルのためか人が多く、夜まで騒がしいこと。

「Superior Room, 1 King Bed, Balcony, View」1泊1部屋 $310(Expedia Reward Point利用 $150 OFF した後の値段)。

ウェブサイト:http://www.foxhotelandsuites.com/

P8153732-2

メインのベッドルーム、綺麗です

カナディアンロッキーに関連する記事

スポンサーリンク

シェアする