CentOS 5.5 に PHP 5.3.x + MySQL 5.1 を導入する

久しぶりに CentOS をセットアップしたのでメモ書きです。
昔はソースからコンパイルしてインストールが美学でパッケージなんて邪道!なんて感じでしたが、、、
オペレーションが簡単になる = 人為的なミスが減る・最小限の手順で復旧ができる
ということで、今はいかに簡単に導入できるかを考えています。

本題のCentOSインストールメモ書き。その1。

0. インストールされているパッケージの削除

# yum remove php mysql mysql-server

1. yumリポジトリに epel,remi を導入

# rpm -ivh http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm
# rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm

/etc/yum.repos.d/{epel.repo|remi.repo} をみて enabled=0 となっていることを確認。

2. インストール

# yum install --enablerepo=remi,epel php mysql mysql-server
# php -v PHP 5.3.3 (cli) (built: Jul 22 2010 16:41:20)
# mysql --version mysql Ver 14.14 Distrib 5.1.51, for redhat-linux-gnu (i686) using readline 5.1
スポンサーリンク

シェアする