CentOS 5.5 に Ruby 1.8.7 + Passenger 3.0.0 を導入する

CentOSインストールメモ書き。その2。
Ruby はパッケージが準備されていないので、RPM 作成から行ないます。
今後のソフトウェアの管理も考えて RPM 化してインストールすることをおすすめします。
Apache 経由で Ruby アプリケーションを動作させるため、Passenger の導入も行ないます。

0. インストールされているパッケージは削除

# yum remove ruby

1. 必要なパッケージの導入

# yum install gcc rpm-build httpd httpd-devel

2. yumリポジトリに rpmforge を導入し、chekinstall をインストール

# wget http://packages.sw.be/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.1-1.el5.rf.i386.rpm # rpm -ivh rpmforge-release-0.5.1-1.el5.rf.i386.rpm

/etc/yum.repos.d/rpmforge.repo をみて enabled=0 となっていることを確認。

# yum --enablerepo=rpmforge install checkinstall

3. ruby 1.8.7 をパッケージ化してインストール

checkinstallでは選択肢が出てくるが基本デフォルトで問題はない。the packaging method は RPM を選択。

# cd
# wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.8/ruby-1.8.7-p302.tar.gz
# tar zxvf ruby-1.8.7-p302.tar.gz
# cd ruby-1.8.7-p302
# ./configure--prefix=/usr
# make
# checkinstall --fstrans=no
# rpm -ivh /usr/src/redhat/RPMS/i386/ruby-1.8.7-p302-1.i386.rpm
# ruby -v ruby 1.8.7 (2010-08-16 patchlevel 302) [i686-linux]

4. rubygems をパッケージ化してインストール

# cd
# wget http://rubyforge.org/frs/download.php/70696/rubygems-1.3.7.tgz
# tar zxvf rubygems-1.3.7.tgz
# cd rubygems-1.3.7
# checkinstall -R "ruby setup.rb"
# rpm -ivh /usr/src/redhat/RPMS/i386/rubygems-1.3.7-1.i386.rpm
# gem --version 1.3.7

5. passenger の導入

パッケージが足りない場合は適宜導入(httpd-devel gcc を yum で導入しておけば問題ないはず)

# gem install passenger
# passenger --version Phusion Passenger version 3.0.0
# passenger-install-apache2-module
# echo "LoadModule passenger_module /usr/lib/ruby/gems/1.8/gems/passenger-3.0.0/ext/apache2/mod_passenger.so PassengerRoot /usr/lib/ruby/gems/1.8/gems/passenger-3.0.0 PassengerRuby /usr/bin/ruby" > /etc/httpd/conf.d/passenger.conf

あとは必要に応じて VirtualHost 設定を編集する。

スポンサーリンク

シェアする