Amazon EC2 Windows で時刻がずれる

Amazon EC2でWindows Serverを動作させていると、時刻が結構ずれていくので勝手が悪いです。WebAPI等とマッシュアップするようなプログラムを作成するとセッション時間の制限やCookieの有効期間で利用されるローカルタイムがずれていることで、ある日突然アプリケーションが動かなくなったりします。

自動的に時刻合わせをさせる

タスクトレイにある日時の、日付と時刻のプロパティから [インターネット時刻] を選びます。

サーバーの欄に同期したいタイムサーバーを入力しておけば自動的に同期がはじまります。

時刻合わせの間隔を短くする

レジストリを変更する事で時刻合わせの感覚を短くすることができます。

HKEY_LOCAL_MACHINESystemCurrentControlSetServicesW32TimeTimeProvidersNtpClientSpecialPollInterval

秒単位で設定できます。レジストリのデータ型は REG_DWORD。

スポンサーリンク

シェアする