Google「Chromecast」を購入、使ってみました

Chromecast 小さい!

Chromecast 小さい!

本日(2013/07/24)発売の Google「Chromecast」を購入し、使ってみました。どのようなものかは、色々な所で紹介されていますので下記をご参考ください。

お試しガジェットとしては価格が非常に魅力的!簡単に手に入るのであれば試してみようということで、近くのBest Buyに買いに行ってきました。。。

どうやって手に入れる?

近所のBest Buyでは、まだ店頭に並んでおらず倉庫から出してきてもらいました。それほど数量が揃っていないのか「一人一個まで」と言われてしまった。。。購入後、レシートを見ると商品名が「GOOGLE TEST」になっていましたので、まだまだ、販売準備整っておらずといったところです。

追記(2013/07/26):テレビのローカルニュースでは、Best Buyでの店頭販売は月曜日からと言っていました。どうやら、運よく手に入った模様です。

価格は$35+税金なのですが、Netflixの3ヶ月無料お試しの権利($23.97分)付きなので、実質$11程。Netflixを試してみる端末と考えるとかなりお得です。

開封の儀

AppleTVと箱の大きさを比べてみると、Chromecastの方が小さいです。

AppleTV vs. Chromecast

AppleTV vs. Chromecast

箱の中には、HDMI端子を持った本体と付属のケーブル類。

HDMI端子付きのドングル

HDMI端子付きのドングル

ケーブル類

ケーブル類

テレビのHDMI端子に本体を繋ぐのですが、本体側面にあるmini-USBポートから付属のケーブルを挿して、他の機器のUSBから給電、もしくは電源アダプタから給電しないと動作しません。ちょっとスマートではないです。

いよいよセットアップ

セットアップの方法が秀逸。この手の無線機器はWiFiの設定が面倒なことが多い(Macの設定画面見て、マニュアル開いて、アプリの設定画面で設定して、、、といった流れ)のですが、よく考えられています。紙のマニュアルを一切読まずとも、自然な流れでセットアップが完了します。

セットアップの流れを簡単に紹介すると、

  1. テレビのHDMI端子に繋いで、set up me と表示されるまで待つ。
  2. 表示されると、そこにセットアップのためのURLが表示されるので、パソコンorスマートフォンで閲覧。
  3. (今回は Macbook + Chromeブラウザ利用)Mac用のセットアップ用のアプリケーション「Chromecast」がダウンロードされ、インストールを指示される。
  4. アプリケーションが起動すると、電源オンになっているchromecastを自動的に見つけてくれる!すると、テレビ画面には確認用の4桁のコードが表示されて、このchromecastと接続しても良いかどうかをセットアップ用のアプリケーション上で確認させられる(これは複数のChromecastが同時に存在していても混乱させないための配慮だと思う)。
  5. ここで初めて付近のWiFi SSIDを表示される。自分が繋ぎたいWiFi SSIDを選択しパスワードを入力する。
  6. しばらく待つと、chromecastはWiFi接続されて準備完了。待機状態となる。
  7. ウェブサイトにはchromecastの紹介ビデオが準備されていて、それを見れば何ができるは一目瞭然。
この画面にたどり着くまでに10分位!

この画面にたどり着くまでに10分位!

実際に何ができるの?

いろいろ試してみましたが、現時点で確認できたことは以下のことです。

  • Mac版Chromeに、拡張機能をインストールすると、Chromeの画面をテレビに投写できる。
  • Mac版ChromeでYouTubeの映像・音声をテレビに投写できる。
  • Mac版Chrome経由で、MacBook画面全体をテレビに投写(音声はダメ?)できる。
  • Mac版Chrome経由で、MacBookの音だけをテレビに投写できる。
  • iPhone版YouTubeの映像・音声をテレビに投写できる。

恐らくAndroid端末ならばもっと色々なことができるでしょうし、徐々に色々なiOSアプリケーションも対応してくれるでしょう。ただ、Apple製のiOSアプリケーションは対応しないでしょうね。。。そこが少し悔やまれるところです。

まだまだ自分の用途ではAppleTVの置き換えにはなりませんが、今後どのように発展するか注目です。

スポンサーリンク

シェアする