ザイオン国立公園、見所の紹介(前編)

ザイオン国立公園(Zion National Park)で実際に訪れた見所を2回に分けて紹介します。前編はビジター・センター(Visitor Center)、白い王座(Great White Throne)、シナワバ寺院(Temple of Sinawava)を紹介します。

ビジター・センター(Visitor Center)

どの国立公園にもあるビジター・センターと変わりはないのですが、眺めが非常に良かったです。入園料を払うゲートを通り抜けてすぐのところにあります。情報収集やお土産もあるので立ち寄ることになるかと思います。木々の黄色、赤茶色の岩山、青空が良いコントラストになっています。

Crags, Trees and Moon

白い王座(Great White Throne)

ザイオン・ロッジの背後にある一枚岩。高さは東京タワーの2倍以上の732mもあり、ヨセミテ国立公園のエルキャピタンに次いで世界で2番目に大きい一枚岩です。ロッジの右手奥から望むことができます。

シナワバ寺院(Temple of Sinawava)

この場所は先住民にとっての聖なる地のようで「シナワバ」は神様とのこと。車で行ける際奥の地点になります。駐車場に止めてから、川沿いにさらに奥へ進むリバーサイドウォーク・トレイル(Riverside Walk)を楽しめます。 このトレイルは往復で約1時間半、3.5km。なだらかな道で簡単ですので散歩気分でどうぞ。子供連れ、ストローラーでも可能です。

Riverside Walk Trail

このトレイルの終点はナローズ(Narrows)の入り口となっています。ナローズは川の中を進んでいくトレイルとなるため万全の準備が必要です。訪れた時は気温4-5度にも関わらずフル装備した面々が奥へと進んでいきました。

Entrance of Narrows Trail

川辺に降りると切り立った崖が迫力あります。

Riverside Walk Trail

関連する記事

スポンサーリンク

シェアする