アンテロープ・キャニオンとホースシューベンド、訪れる前に知っておきたいこと

アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)とホースシューベンド(Horseshoe Bend)は、2012年11月終わりのグランドサークルをめぐる旅で3番目に訪れた場所です。

2016年1月に再訪しましたのでその時の様子も追加しています。

※2016年2月、情報を更新しました。

場所、行き方

アンテロープキャニオンがあるペイジ(Page)は、車でロサンゼルスからは900km弱、休憩なしで8時間半の所にあります。恐らく1日で車を運転して走行できる限界な距離かと思います。ラスベガスからは4時間半ほどで行くことができます。

2012年訪問時は、その前に立ち寄ったブライスキャニオン国立公園から3時間以上かかりました。距離にして200kmなので大したことはないのですが、夜に移動するのは疲れました。途中の荒野に鹿が生息しており道路に鹿が入り込んでくることは珍しくありません。「この先40km鹿に注意!」とか道路標識に書かれており、加えて道路への人工的な明かりは一切なく月明かりのみの完全な暗闇の運転。ヘッドライトに照らされた鹿の目が光るのが見えました。いつ道路に飛び出してくるかわからないながら恐る恐る進みました。

2016年訪問時は、ザイオン国立公園から2時間半で到着しました。まだ明るい間に移動したので特に危ないと感じたところはありませんでした。

ザイオン国立公園、ブライス・キャニオン国立公園どちらから行っても道順は簡単です。US-89 を道なりに進むだけとペイジの町につきます。

ラスベガスから直接ペイジ(Page)へ向かう場合は、セントジョージの街からザイオン国立公園を避けて南をまわるルートが最短になります。ですがザイオン国立公園を通過するルートを選んだ方が景色も楽しめますので、少しでも時間に余裕がある場合には検討したいところです。

天気(気温、降水量)

夏は強烈に暑く、冬は寒いという典型的な砂漠の天気です。

夏はサングラス、日焼け止め、脱水症状を避けるため水は常に持参の対策は必須です!

冬は氷点下にもなり、雪も降ります。積雪は多くないため車のチェーンは必要なさそうですが、吹雪になることもあるため天候情報には気をつけてください。もし、ペイジに宿を取っていたり、アンテロープでツアーを申し込んでいたりした場合は、直接確認するのが確実です。

page

宿泊、ホテル

アンテロープ・キャニオン、ホースシューベンドへはペイジ(Page)の町から訪れることが多いため自ずとホテルもその近辺になります。また、観光地、保養地でもあるレイクパウエルも近くにあるため宿泊施設は揃っています。

ホリデーイン系列の Holly Day Inn Page-Lake Powell を利用しましたが、リーズナブルで綺麗な宿です。簡単なアメリカンブレックファーストが無料で付いてきます。

アメリカ国内の時差とサマータイムの関係

ロサンゼルスからグランドサークルを旅すると4つの州(カリフォルニア州、ネバダ州、ユタ州、アリゾナ州)を跨ぎます。まず、州の違いで時差が1時間存在し、さらに地域でサマータイムの採用、非採用があります。

申し込んだツアーの時間には気をつけて下さい!行ってみたらもう出発していた。なんてことが起きませんように・・・

  • カリフォルニア州、ネバダ州 と ユタ州、アリゾナ州の間には1時間の時差。
  • カリフォルニア州、ネバダ州、ユタ州は、サマータイム採用。アリゾナ州の大半はサマータイム非採用。ただしナバホ族居留置(例えばこのアンテロープ、モニュメント・バレー)はサマータイム採用。

わけがわからなくなったので、サマータイム期間中の例を挙げておきます。

  • ロサンゼルス:午前10時:カリフォルニア州、サマータイム採用
  • ラスベガス:午前10時:ネバダ州、サマータイム採用
  • ザイオン国立公園:午前11時:ユタ州、サマータイム採用
  • ペイジ(アンテロープ・キャニオン):午前11時:アリゾナ州ナバホ族居留地、サマータイム採用
  • モニュメント・バレー:午前11時:アリゾナ州ナバホ族居留地、サマータイム採用
  • グランドキャニオン国立公園:午前10時:アリゾナ州、サマータイム非採用
  • セドナ:午前10時:アリゾナ州、サマータイム非採用

のようになります。

一番確実で簡単なのはホテルのフロントで時間を聞くことです。

アンテロープ・キャニオン、ホースシューベンドに関する記事

スポンサーリンク

シェアする