AT&T 3G回線、マイクロセルを設置して電波状況改善

アメリカ国内にて引越しした後、AT&T携帯電話の電波の入りにくさに不満を持ちながら生活していました。家の中だとiPhoneの表示では一本しかアンテナが立っておらず、この状態で電話すると、大抵、聞き取れない、伝わらないで大変なことに。。。

最近、この地域がようやくAT&T U-verseケーブルテレビの対象となり(それまでは一社独占状態)、近くでAT&Tの人が工事してたので、捕まえて「ほら~、電波はいらないでしょ、あなた達も電話できなくて不便じゃないの?アンテナ建てる計画ない?」と聞くと「ショップでアンテナ手に入れてくれ。」と、つれない返事をされました。

契約2年縛りがあるので他のキャリアに乗り換えることも難しいし。仕方がない、自分で何とかしようということに。

まさか、ソフトバンクのホームアンテナFTに続いて、アメリカでも世話になるとは。。。

AT&T 3G マイクロセル(AT&T 3G MicroCell)

電波増強するAT&T 3G MicroCellがAT&Tから販売されています。2010年頃より扱っているようです。

当初は無料配布や$150で販売されていましたが、現在は値段が$200もします。サポート掲示板には、交渉次第では安くなるよとか、40年以上使ってるにも関わらず何の割引もなかったとか、何でお金払わないとダメなのよ!とか、、、まぁ、色々です。

手に入れる方法

ショップでも購入できるようですが、正規値段で購入するのはそれこそ馬鹿らしいので「eBay」で落札。需要が高いのか頻繁に取引されています。6度の入札失敗の後、送料込み$110程で入手(こちらのオークション、アメリカ全土が対象なので送料の振れ幅が大きいです。出展者が近くに住んでいるのもポイント)。

入札の時、今までの利用者のAT&Tへの登録が解除されていることが明記されている方がベスト。余計なトラブルを避けられるはずです。

設置してみた

なかなか可愛らしい外観

なかなか可愛らしい外観

AT&Tのホームページで、自分アカウント、シリアル番号、電話番号などを設定して、しばらく待つ(90分くらい)と使えるようになります。

でも、やっぱりトラブル。

テクニカルサポートにリアルタイムチャットで問い合わせて、色々、トライ&エラーした所、結局、機器を交換してみよう、ということになり、交換。意図せず、中古品が新品になりました。

その時、テクニカルサポートの人が言っていたのは、GPSで設置場所と、登録された住所がマッチしないと許可できないシステムなので、とにかく窓に近い所に置くのがポイントのようです。

数日で新しいものが届き、セットアップ。ようやく使えるようになりました。

ソフトバンクのホームアンテナFTと違うのは、

  • 機器が一つで済む
  • インターネットに繋げられる環境だったらどこでも設置できる
  • 登録した電話しかマイクロセルを経由した通信は利用できない
  • マイクロセル経由だとiPhone4Sの電波表示が「4G」から「M-Cell 4G」にかわる(なぜ、表示が3Gでないか疑問を持たれた方は、、、この記事をどうぞ
  • 911(救急電話)をかけた時に、即座に登録住所が警察に送信される

といったところですね。

効果は素晴らしく、ようやく普通に会話ができるようになりました。

スポンサーリンク

シェアする