サンディエゴ空港から JAL B787 に乗りました

2013年の年末、サンディエゴ空港(SNA)を日本への帰省の為に利用しました。航空機と空港の使用感をレポートします。

普段は、ロサンゼルス空港(LAX)から成田空港(NRT)の便を使うのですが、今回は1日1便ある日本航空(JAL)のサンディエゴ空港(SAN)成田便を利用してみました。

その後、頻繁に利用していますので情報をアップデートしました。

サンディエゴ空港、待合室にて

サンディエゴ空港、待合室にて

この路線を使うメリットとは?

今回、わざわざこの路線を使った狙いは、、、

  • 新型機のボーイング787型機(ドリームライナー)に乗ることができる
  • サンディエゴ空港は小さいので入出国手続きが短くて済む(はず)
  • 幼児用のバシネット席が確保できた

です。その結果はどうなったことやら。。。

航空券の予約状況

バシネット席が必要だったので2ヶ月前に予約しました。この時点でロサンゼルス空港発はほぼ満席。なんとか日程調整して無事予約できました。年末帰省はなかなか大変ですが、路線の選択肢が増えたのはありがたいです。

空港までの道のり、空港駐車場、出発手続きまで

ロサンゼルス地区からサンディエゴ空港までは車で1時間半程。フリーウェイI-5が事故などで渋滞してなければ快適です。逆に事故があれば迂回路がない為、渋滞必至。出発前には要交通情報確認です。

空港駐車場ですが、空港内の駐車場は1日$24なので長期利用には適していません。周辺の駐車場は豊富にあり、ウェブサイトで事前予約ができるところが便利です。

1日$6〜$12で利用できます。ただあまりに安いところはお勧めできません。そういうところは Yelp での口コミでもあまり良いことが書いてありません。

今回利用したのは「WallyPark San Diego」です。事前予約とクーポン利用で1日$10で利用できました。サービスは非常に素晴らしく、駐車した車の前まで送迎バスが送り迎えしてくれます。空港までは送迎バスで5分くらいの距離で便利です。駐車場の人に聞きましたが、休日前は満車で入れないことが多いので絶対予約した方がよいとのことです。

チェックインカウンターは、International Airport Terminal 2 East にあります。JALの案内板も出ており、日本語で書かれているので迷うことはないでしょう。担当してくれたのはメキシカンなおじさん。ちょっと不慣れなのか手続きはゆったりな感じでした。

出国の為のセキュリティゲートは1カ所しかないので列はできますが、これはロサンゼルス空港のことを考えると許容範囲です。

2015年1月更新:

WallyParkは1日$15と若干高くなりました。AAA会員は割引があります。また、近くにある「Sheraton San Diego Hotel & Marina」のセルフパークも予約ウェブサイト経由だと$12~$15で提供されています。 利用する際は必ず予約を。

出国した後の待合スペースには何がある?

諸々通過して出国すると、すぐにゲートへと続く待合スペースとなります。2014年に改装されたロサンゼルス空港に比べると免税店はそれほど充実していませんので、利用される方はご注意を。

2015年1月更新:

JAL機の発着ゲートはセキュリティゲートを通過した直ぐ右手にあるのですが、そこを通過して奥の方に行くと店舗が点在しています。最近、フードコーナーが改装されて「Peet’s Coffee & Tea」(コーヒーショップ)、「Panda Express」(中華デリ)、「California Pizza Kitchen」(ピザ)、「Jack-In-The-Box」(ハンバーガー)がオープンしかなり充実しました。アメリカ最後の食事をアメリカンで終えるというのもおすすめです。

また、左手から連絡通路を使って奥へ行くと店舗、レストランがあります。サンディエゴ国際空港ホームページが非常にわかりやすく更新されましたので参考にしてください。

入国審査、バゲージクレーム、税関検査など

帰省を終え日本から再びサンディエゴ空港に到着。ロサンゼルス空港では毎回非常に時間のかかる(これまでの最長2時間半。。。)入国審査ですが、サンディエゴ空港では同時間帯の国際線はこの便しかにない(ロサンゼルス空港は5−6便到着が重なってます)ので、ロビーは同じ機の乗客しかいません。窓口は外国人用に3、4つ。米国人用の窓口が終了するとそちらに人を流していたので、その辺りのサービスの配慮はなされている感じです。通過までに要した時間は1時間弱。ロサンゼルス空港に比べれば短いといえますが、1人当たりに要する時間がロサンゼルス空港より長いと感じます。ビジネスクラスを利用している方は、もっと快適でしょう。

バゲージクレームは苦労しません。今回は入国審査している間にベルトコンベアから降ろされていました。

税関検査はロサンゼルス空港よりも厳しいです。全員、すべての持ち物(機内持ち込み品も)をX線検査機により検査されます(ロサンゼルス空港では稀に呼び止められた時だけ)。もしも検査され場合、怪しい物は説明できなければガンガン捨てられます(中華系の方が恐らく食べ物と思われるものを捨てられてました。。。)。

無事、入国を終えたあとは駐車場のシャトルを電話で呼んでピックアップしてもらうだけ、ロサンゼルス空港に比べて所要時間は短く非常にスムースでした。

しかし、旅行や出張でサンディエゴに訪れレンタカー利用予定の方はご注意を!というのも、確かに国際線の発着は少ないのですが国内線は非常に多く、国内線利用者(観光客も本当に多い!)もレンタカーを利用します。レンタカー会社のカウンターを覗いてみたところ凄まじい行列でした。借りるまでには時間を要することを覚悟した方が良いと思います。

妻と乳児は別の日にサンディエゴ空港に帰ってきました。JALファミリーサービスを利用したところ、なんと日本語が通じるダンテ・カーヴァー似の係員にお世話になりました。サンディエゴ空港には日本人、日本語が通じるJALのスタッフがいるので言葉に不安があっても問題はありません。

2015年1月更新:

この後、何度か利用していますが最短時間は15分。やはり手荷物検査が非常に時間がかかるので30~50分くらいかかると見たほうが良いです。

スポンサーリンク

シェアする