私のレンズ – LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7

「LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7」は所有する単焦点レンズではもっとも利用頻度が高いレンズです。2015年3月に購入しているのですがあまりにも便利に利用しているためかレビューを書く事すらも忘れていました。今回、改めてレビューをして見たいと思います。

購入のきっかけ

購入を決めた時点では「LUMIX G 20mm/F1.7」を所有していました。「LUMIX G 20mm/F1.7」の画質は文句のつけようがなく良かったのですが、やや画角が狭い(35mm範版換算40mm)のと、ピントが合うまでのオートフォーカスのスピードが若干遅いため、子供を追いきれないもどかしさがありました。そこで、2つの悩みを解決し、しかもライカ銘を冠したレンズという事で「LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7」の購入を決めました。

2015年3月購入時の価格は42,000円程。2017年12月時点でもほぼ同じ値段ということはそれほど価値も下がらず評価されているレンズとい得るかと思います。

「LUMIX G 20mm/F1.7」の評価はこちら

「LUMIX G 20mm/F1.7」は、私にとって初の追加購入したレンズです。2012年に購入しました。レンズを取り替える時に「これだとどんな絵が撮れるのだろ...

ファースト・インプレッション

レンズを「オリンパス OLYMPUS OM-D E-M1」に装着して近くの公園に撮りに行った時の感動は今でもよく覚えています。

Olympus OM-D E-M1 / ISO200 f8 1/60s

雲一つない日差しの強い日、公園内の木々の下から太陽の直接光を遮りながら光条が出るようなアングルで撮影しました。光がまわって全体が白っぽくなりコントラストが落ちる状況だったのですが粘りが凄い印象を受けました。この一枚で良いレンズだなぁと思わせてくれました。

スナップ写真のためのレンズとして大活躍

ちょうど良い画角と明るいレンズということで普段のスナップ写真はこればかり使っています。「LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7」を使って撮った写真の半分以上は家族の写真です。よく動く子供たちを撮ったり、ちょっと室内で暗いところでもブレを気にする事なくクオリティの高い写真が撮れます。

Olympus OM-D E-M1 / ISO200 f1.7 1/640s

Panasonic LUMIX GX8 / ISO100 f5.6 1/60s

マジックアワーでの強さ

明暗がある状況、シルエットを捉えたい、といったシーンでよく使います。夕焼けのオレンジ、日が沈んだ後のマゼンダに変わっていく色合いを良く表現してくれます。

Panasonic LUMIX GX8 / ISO200 f16 1/30s

Panasonic LUMIX GX8 / ISO100 f8 1/80s

夜景での信頼感

明るさ、色ノリの良さは手持ちでの夜景スナップ撮影でも大活躍です。

Olympus OM-D E-M1 / ISO2000 f1.7 1/60s

三脚を利用しての夜景撮影でも光を上手く捉えてくれます。

Panasonic LUMIX GX8 / ISO100 f8 15s

まとめ

欠点が見つからず、いずれのシチュエーションでも頼りになるレンズです。カメラを持ち出す時には必ず持っていくレンズとして、これからも活躍してくれる事でしょう。

参考情報

一時期 Amazon にて特価販売していた時が最安値でした。

スポンサーリンク

シェアする