オリンパス「M.ZUIKO 12-100mm F4.0 IS PRO」入手後の試し撮り、ファーストインプレッション

新商品発表時から気になり続け、「オリンパス・プラザ東京」に展示されているものを試写した時、あまりのすごさに「なんじゃ、このレンズは・・・」と絶句したレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」を手に入れました。

試し撮りをしましたので紹介します。あまり絵自体は面白みがないですので、ちゃんと撮影に行きたいです。

とりあえず、撮ってみました

朝の東京、品川駅。あいにくの曇り空でしたが朝日がビルから頭を出すギリギリのところで撮影。12mm始まりの広角側は程よい広さで都市を捉えるには便利です。

カメラの電源を入れた瞬間、液晶画面に写っている絵がこれまで見たことない解像感で驚きました。

普段の撮影から全ての写真はRAW形式で撮影してLightroomへ取り込んで現像していますが、あまりにはっきりと写るので、これまでの設定だとシャープネスが強すぎます。現像の調整が必要な程に写りが良いです。

p1190710

ISO200 12mm F5.6 1/400s

赤く紅葉した木の葉にピントを合わせて撮影。開放で撮影しています。ピントがあっているところはくっきりと、少し遠くにあるイチョウはちょっとだけボケています。解像感がある分、ボケが強調されているように見えるため、F4であっても思った以上にボケ感が得られそうです。赤の色ノリが好みです。

p1190735

ISO200 50mm F4 1/250s

望遠側の100mmで画面が木の葉でいっぱいになるように撮影。こちらもピントがあっている部分の解像度は凄まじい。ちょっと絞れば全体にピントがあったかもしれません。少しブレてしまったかも。

p1190755

ISO200 100mm F4 1/80s

ボケのテスト。F4でこれだけボケてくれれば十分ですし、ボケ味もうるさい感じは全くありません。

p1190786

ISO200 20mm F4 1/125s

マクロ的撮影のテスト。マクロレンズにチャレンジして見たいなぁと思っていましたが、今はこのレンズで十分です。凄まじく寄れます。あまりに寄れるのでシビアなピント合わせが必要です。また手ブレも心配です。LUMIX GX8だと性能的にはレンズ側5段分の手ブレ補正に頼った方が良さそうです。現在、レンズ内手ぶれ補正が有効なのか、もしくはボディ内手ぶれ補正が有効なのかについて、カメラ側の設定は検証していません。

p1190780

ISO200 35mm F4 1/40s

まとめ

あまりの凄さに圧倒されるレンズです。少なくともこの「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」より暗いズームレンズの出番は無くなります。さらに日中であれば「LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8」も不要です。

しばらくはこのレンズ一本を持ち出して色々撮って行こうと思います。